Blog

人外クリーチャー / Raptorial Creature

Date : 2012.09.29
Category : 一次創作
Tags :

お久しぶりです。ほたかです。ちゃんと生きております。大丈夫です。そろそろオーストラリアへの渡航準備を本格的に始めなければなりません。10月末を予定しております。ああ緊張する。

さて水面下では以前ご報告した通り、本家サイトデザイン一新に向けてモソモソ編集中です。実はもう公開しても大丈夫な状態ではあるのですが。うーん。

近況はそんなところでして、新作紹介でも。
診断メーカーの「クリーチャー系人外にしてやったー」よりお題拝借。”ほたかは水のような体を持ち、猛禽類の形をしています。全体的に淡いピンクで、3つの触角を持ち、鎖を備えたプライドの高いクリーチャーのようです。”

Hello long time no see. I’m alive. well it is time to prepare for flying to Australia. my flight will be the end of October, about 1 month later.

already I had finished the renewal of the main web page, just haven’t decided the open day. mm day after tomorrow?

ok now I’ll write about the new work. I got some themes from Twitter Shindan Maker; クリーチャー系人外にしてやったー. ”high-pride creature with watery, raptorial, pale pink body. has 3 feeleran antennae and chain”

最近、Twitterでお世話になっている方々のStickam配信にお邪魔することがあるのですが、そこで厚塗りをやっていらっしゃる方のを見て。久々にやりたくなりました。(これはちょっと違うかもしれませんが、とにかく筆を多用する絵を描きたくなったという意味で)

使用したのは主にSAIの「筆」と「水彩筆」。筆には自作失敗テクスチャを入れてあり、擦れた癖の強い描き味に改造。こいつで水の勢いも、羽根のある程度モフモフした感じも出せるかなと。お蔵入りにしていた劣等生、意外と使い道がありました(汗 結構気に入ったので、ちょくちょく活用していこうと思います。
背景はかなり手間かけた割に、思い描いていたものと別物になってしまいました。本当は宇宙的にするつもりは無かったんですよね。うむむ。精進精進。

学校が始まるまで約1か月。英語や渡航の準備は勿論、今のうちにしか出来ない事を進めませんと。
ガンバレ自分。

// ENGLISH

Recently I often join in the personal stickam program by online acquaintances of mine. some has drawn mat-paint illustration, so this time I tried it after a long time. (this work may be different from “mat-paint”, but I mean that I wanted to use digital watercolor brushes)

This time I arranged SAI’s brush; I inserted the original, a failure texture. (the left illustration was drawn with it) I could express the force of water and soft feathers with it. a poor student did great work 🙂 I like this brush so I’ll use it also for another expression.
to be honest, the regret is the background.. I spared many time but I couldn’t express well as I’d expected, I didn’t intend to make it like space. fmm I need more improvement!

well I have about one month left until the start day of Australian school. I have to do things as much as I can do now..