Blog

えんぴつをつくりたい話

Date : 2018.06.05
Category : 一次創作 / 二次創作

Autodesk Sketchbook の「アーティスト」系ツールの鉛筆がとても気に入っているので
お決まり「こんな感じを Clip Studio Paint に移植したい」というおはなし

以前と打って変わって、さいきんすっかり線が苦手になってしまったぼくが、おきがるにがしがし気持ちよく描ける数少ないツールのひとつなのですが…

ちなみに さいきん Autodesk Sketchbook 製・アーティスト鉛筆つかったやつ

▼ ▼ ▼ んだば いざ移植!

Take.1

なかなかいい…けど、ちょっと濃すぎるかもしれない…?
あと描いた線が硬いかもしれない。ぐぬぬ。

Take.2

さらにひさびさのうちのこだ!!(驚愕

ゲフン。濃さは若干抑えた (抑えすぎると、弱体化したぼくの筆圧・手首に負担ががが)
が、まだ硬いかもしれない…
もうちょっと先端画像を見直すか、アンチエイリアス上げるか……。

めざせ理想の鉛筆とぅール(しろめ

Gremz