Blog

BLAME! の映画をようやっと観られた話

Date : 2019.10.19
Category : 二次創作

やったぜ。

なんだかんだでずっと観られなかった憧れの神作品。

べつに
黒髪のいけめん と 銀髪前髪ぱっつんおねえさん と 眉毛無し銀目フトモモサイコーおねえさん が目当てだったとかそんなんではない
…ちがうもん(フンス

いまどきのアニメは凄まじいですね…
ディテールまで描きこまれていて、かつすんごい動く!
メカももちろん、人々の髪の毛 (編み込み、髪飾り多い) やら服装のテクスチャ感やら…
その細かい髪の毛の、顔がちょっと動いた時の揺れ方とか…
人物の細かい動き (動揺したときの目の動き、ふとした仕草・行動) にもかんどう…
個人的には (最近のアニメを左程知らないからか) ちょっとやりすぎ感がある部分もあるけれど でもとにかくすごい

よめがたくさんサカサカと動いてくれてうれしみもMAXじゃぁ~
(作中で人間を駆除しようとする存在が、現実世界で人間が駆除すべく躍起になっている対象みたいな動きをするの 何か深い(しろめ)

最後、主人公の喋り方がすこしばかり人間味が増す演出もジミーに感動するやつ

嗚呼格好良い格好良い
ラストとエンドロールの間の、おそらく中心の制作陣のスペシャルクレジットの演出まで格好良い

あたまがざんねんだからそれしか言えない
あと「人間」ってなんだっけ(しろめ

とりあえず
ところどころにアドルさんがでてきて「Oh…w」ってなる
(大体がくえんアニメの見過ぎ(爆
真っ先に殺られるやつもアドルさんボイス (as モブ役) かと思ったが、ちがったようだ
(この作品、青少年の声がわりと似通ってません?

まあ、アドルさんなら電基漁師の装備も使いこなしそうだw
無表情で咄嗟に短剣を棒の先に括り付けて魔物を串刺しにした無双劇もあるわけだし(漫画版の話

???

なかのひとつながりでいえば、アニキが新世界の神ですが
こちらは田舎の若大将?的なキャラなので、あんまりそんなかんじは…
とおもったら、ちょいちょいそれっぽい声になったりするw
「どぉだぁあ!!?」あたり

だがしかし
(作中で比較すると、どうしても) 非力な人間ながら、いいタイミングでいい仕事する 格好良いアニキであった

嗚呼格好良い格好良い
原作漫画も読んだけど、あたまがざんねんだから全く理解が追い付かない
でもひとついえることは ぼくのすきなものしか描いてない

ナンテコッタイ…。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください