DICE Project

BLOG

グッズ

【イベント】こみちのマルシェ3に参加しました

Date : 2022.08.07

8/6(土) ~7(日) 開催のオンラインイベント「こみちのマルシェ3」にサークル参加しました。
サークルスペースは【か5】(メインストリート沿い) をいただきました。

会場内はとてもかわいらしくアレンジされていて、しかも2日目の夕方からは様子が変化!
ほたかも、くろねこアバターで会場内をぴょこぴょこ歩き回り、他のサークルさんをのぞいたり、会場内ギミックと写真を撮ったり。楽しく過ごさせていただきました。

さてさて
今回はなんといってもコレ:

創作 > Lost Number 第1巻

ねんがんの 薄いホン…!
一次創作連作短編漫画「Lost Number」の第1巻です。

標準的な同人誌が全24ページくらいらしいので、それに比べると2倍程…ちょっとした重みがあります。

古代の遺物に見立てた装丁で、ちょっと重苦しさがありますが、なかみは幼いきょうだいのなかよし話が詰まっております🎵

ねこグッズ

ほたねこトートバッグも1点限りで加わりました!(◉ㅅ◉)ฅ

A4サイズがすっぽり収まる大きさ。
習い事バッグ、お買い物バッグなどに…引き続き素敵なご縁をお待ち中!

ハンドメイド

ノンホールピアス (イヤリング)、ネックレスなどの新作アリ!

ビーズ大好きマンなほたかが、手芸屋さんなどであつめたビーズたちを、アレコレと組み合わせて作っております。写真内の作品ほかにもまだまだあります。引き続き素敵なご縁をお待ちしております🎵

年内、あと数回イベントに出たいなぁと思っております…

まだまだガンバリマス 🔥( ◉ㅅ◉)9

ホンが届きました!

Date : 2022.07.26

優勝!!!!!!

勝ちです。やりました。

先日入稿した『Lost Number』第一巻分の原稿が、実物のホンになって届きました!

真っ黒とみせかけて、角度によって古代文字がうかびあがる仕様の表紙!
ちょっと指定色が暗すぎましたが、よーく見るとヒビ等の質感も表現されています♪
本文用紙はあこがれのコミックペーパー!
印刷キレイ!心配だった細部までしっかり出てる!

ウレシイ!!✌(‘ω’✌)三✌(‘ω’)✌三(✌’ω’)✌

数か月かけて描きためた小話がまとまって、モノとしていま目の前に…ウッウッ

おもえば
むかし「漫画家になりたい!」などと宣っていたわけですが、それがちょっと叶った感じです。

これは感無量にならざるを得ませんね。

Pixiv FANBOX でも詳細を掲載しています

8/6(土) 21:00~開催のオンラインイベント「こみちのマルシェ3」にて頒布開始します。

頒布用ページ (BOOTH)

さてさて
人生初のまんが新刊を発表するイベントも近づいてきて
いよいよワクワクがとまりません🍅

【イベント】こみちのマルシェ3に参加します

Date : 2022.07.16

8/6(土) 開催のオンラインイベント「こみちのマルシェ3」にサークル参加します。
サークルスペースは【か5】(メインストリート沿い) です!

ななんと

しんじられません。

新刊があります!

Lost Number のホンができました………。

…とはいえ、いまはいわゆる「脱稿」→「入稿」した状態で、まだモノは届いていません。
これからです………ドキドキ………!

今回は、これまでに描いたまんがの中で、ひとまず「育成編」をまとめて『第一巻』としました。
いろいろ紆余曲折した結果、60ページと、はじめてのまんが同人誌にしては厚めになりました。
ページ数は多いですが、Clip Studio Paint EX のまんが用機能や Notion (アプリ) をつかった情報整理で、快適・正確に管理することができました。べんりなじだい。

Clip Studio Paint のまんが作成周辺の便利機能も多少覚え、さらにはTwitter上や一次創作Discordサーバーの先輩方からお知恵を拝借したのも大きいです。感謝感謝…。

現物が届くのがたのしみです。

とりあえず
結局使用場所にあぶれてしまったおとうさん

おじさんじゃないぞ。

ゲフン。
新刊の話に埋もれがちですが、あたらしいハンドメイドアクセサリー、グッズも追加予定!

諸々たのしみです!わくわく!

【イベント】エアはなけっと2 に参加しました

Date : 2022.06.12

6/12 (日)、オールジャンルのオンラインイベント「エアはなけっと2」に参加しました!

「はなけっと」、本来は岩手県花巻市にて開催されるオールジャンル同人誌即売会なのですが、昨今の事情で、なかなか会場が調達できないとの事。今回はエア開催となりました。

なにやら地元ではいろいろとサブカルイベントが開催されているようで、ちょっと嬉しくなったり。

さて イベント中「はなけっとちゃんを描こう!」という企画?があったので、参加。

ついでに、ネットプリントが流行っているようなので登録してみました。
セブンイレブン / 予約番号5FSNB56S / L判 / カラー / 40円 (2022/06/20まで)

エア開催、タイムラインを追うのがなかなかに大変でしたが、たのしかったです!
良い経験をさせていただきました。

この勢いで、次の地元イベント「おでんせ!イーハトーブの森 2nd season」にも参戦決定!w

ガンバルゾー🔥( ◉ㅅ◉)9

【ハンドメイド】ひも比較作戦

Date : 2022.05.19
Category : 一次創作

さいきん、ひもやビーズをこれくしょんしてしあわせ✨なほたかです。

せっかくなので、あつめたひもの特徴など、比較してメモしておいてもよいかなぁと。

比較対象

  • ロマンスコード 極細タイプ (メルヘンアート)
  • 刺繍糸 (DMC)
  • レースヤーン #20太 (DAISO)

比較手段

六つ編み (一部三つ編み) でミサンガを作成する

結果

ロマンスコード

https://marchen-art-store.jp/?mode=cate&cbid=2313504&csid=10&sort=n

メリット

  • 表面に樹脂加工がしてあり、革ひものような光沢がある
  • アクセサリー作成用に開発されたひもである
  • しっかり編むことができ、パラパラと解けにくい
  • じょうぶな作品ができる
  • ビーズが通しやすい

デメリット

  • 少々かたいので、しっかり編み続けていると手が疲れてくるw
  • コットン100%、ただし表面加工のためかたい肌触り。好みが分かれそう

結論

じょうぶで編みやすい 作品としては、かためなものがすきなひとにオススメ

刺繍糸

https://www.dmc.com/jp/dmc-karabarieshonito-25banito-20.html?refSrc=4485&nosto=productpage-nosto-1

https://www.dmc.com/jp/dmc-25banshishuitomouline-special-1kase-6.html?refSrc=20&nosto=productpage-nosto-1

メリット

  • コットン100%、肌触りがいい
  • 編み目がキレイに見えるきがする
  • とにかく色が豊富

デメリット

  • やわらかくて、複雑な編み方だと編みづらい (特に最初の方)
  • ほそくてやわらかいから、目がつまって工数がかかる (編む回数が多くなる)
  • 編み方ミスってやり直しで解くとき、刺しゅう糸が解れないように…って神経つかう ⇒ リテイクがしづらい
  • 編むときにイジイジしていると、刺しゅう糸は解れて分離してややこしくなったりする
  • ビーズを通すのが面倒なので、糸通し必須

結論

ひもの編み方に慣れてきてから扱ったほうがよさそう 作品としては、肌触り・なじみがよいのでやさしいかんじ

レースヤーン

https://jp.daisonet.com/collections/handmade0236

メリット

  • コットン100%、肌触りがいい
  • 安価&大量 (約80M!)

デメリット

  • やわらかくて、複雑な編み方だと編みづらい (特に最初の方)
  • ほそくてやわらかいから、目がつまって工数がかかる (編む回数が多くなる)
  • ビーズを通すのが少々面倒なので、糸通し必須

結論

1本のヒモなので、刺繍糸よりは扱いやすい 作品としては、肌触り・なじみがよいのでやさしいかんじ

結論

編み方に慣れるまでは、1本のヒモ (=刺繍糸のように、複数本が束になっているものではない) で、多少かたさがあるとよいかもしれません。

他、様々なひも (毛糸、ヘンプ紐 etc) や、特殊加工されたひも (ミサンガ糸、ワックスコード、蝋引き紐 etc)など、とにかく色々と種類豊富に出ているので、好みや作りたいものに合ったひもをさがしてみるとよいかも。(実店舗に在庫があって、実際に触って確認ができるとなお良し)

=

余談ですが、上記の「メルヘンアート」さんが良かった件。

手芸用品のメーカーさんで、ヒモやビーズ、パーツなど種類が豊富。
個人的に気に入っている点として、「取り扱っている天然石ビーズ、ウッドビーズが大穴タイプで、ヒモが通しやすい」「(ウッド) ビーズの色が豊富」。

よく、ブレスレットのように糸に通して、あるいは1個単位で売られている天然石 (パワーストーン) のビーズは、テグスが通るくらいのごく小さな穴しか開いていません。上で比較した、太さ0.8㎜という極細ロマンスコードでも通りませんでした。でもやっぱり、ひも×天然素材ビーズってかわいいじゃないですか!是非とも実現したい…。

また、某TOHOさんのウッドビーズは手芸屋さんでよくお取り扱いがありますが、色が限られていたり、ちょっと強めのツヤが気になったり。やっぱり、ビーズの色や質感にもこだわりたい!

そんな願いをかなえてくれるのがメルヘンアートさんです。

しかも、先日北海道から注文してみたところ、なんと翌日に届きました (?!)
さすがにびっくりしましたw

ハンドメイド・手芸をするにあたり、覚えておいて損はないメーカーさんだとおもいます。