Blog

アナログな画材を買い漁った話

Date : 2019.09.29
Category : 二次創作

嗚呼…そろそろアノ季節…おう…いえ……。
とかなんとか

そこでおもいたつ
アナログ画材を強化しよう!
ついでに実物の画材をちょっとばかし知っとこう

いざ

\デデーン/

…とはいえ
以前から持ってたものも全部合わせたもの。

そもそもは
「まんが用インクの入った万年筆とか無いのかナー」
なんて考えたのが事の発端なわけで、
さがしたらありました!しかもCopic-Proof!やったね!
とりあえず細い方 (丸~Gペン的な描き心地、らしい) げと。

あとは先がニブブラシになってるやつのMサイズと、
マルチライナーの0.05なんてのと (細すぎて折りそう(しろめ)、
CoolGrayのマルチライナー0.5 (おためし感覚で)、
あとホワイト。Copicの上からでも透けない、しっかりハイライトって書いてたので、ちょっと挑戦してみようかしら、なんて。

それから、画材屋をウロウロしていたら、こんどは「ふつうの」万年筆を発見。
そういや、つけペンがいろいろと面倒だし相性良くないしで自動的に万年筆~言い出したわけだけど、ぶっちゃけ万年筆の事全然わかってないんだよナー
…って話になり、こっちも買ってみる。おういえ。

まさかのお子様用ww(爆
いや、いいじゃないの。だって初心者だもの!
しかしその割に なんとまあ、インクをインク壺からチャージできる道具なども同梱のやつだったので
万年筆ガチ勢がよくあつめてる、SAILORのシャレオツインクなんかも使えるってこった。やったね!
でもその前に使いこなそうね!(だいばくはつ

それから
いちおうはホンモノも見とこうって事で、ガチ画材コーナーの筆も見てみた。
まず水彩と油彩でしっかり売り場が分かれていて、あと 思ってたのよりも お高い(しろめ
なんか毛先がぶわわーってしたでかい筆とか、けったいなモノたちが…。

ちなみに 毛の原料ってどうぶつの毛だったりもするらしい。りすさん。
りすさん…。(変なところでツボる
…で、毛の原料で書き味とか色々違うみたい。
画材もガチになるとすごいなぁ…コレ、お気軽に油彩画挑戦とかできないじゃん(チョロンヌ



おお。いまだかつてない程の長い前フリだ。
てなわけで本編 一体何年ぶりだ…アナログ絵だコピックだ!

大剣娘のおきにいり。
みっしぃのぬいぐるみが気になって結局買ったり、
「年頃の女子というのは普通何を好むのか知りたくてな…この筋骨隆々の人形などどうだ?」
とかいって岩男人形もってきたり

とりあえず大剣娘はめんこい

あっでも
うしろでやきもちやいてるこがいますよ!

万事解決。みんなしあわせ。おういえ。

主線は早速 Copic 万年筆。けっこうつかいやすい!
あと、どうやらコピックてのは、薄い色から使うらしいという事をここ数年でようやっと知った ので、それも実践。fm。
むかしはデスヨ、にじみ・ボカシで、なるべく色の境界線が目立たなくなるようにって、濃い影色から塗ってたんですがねぇ…
(だからコピック出身のくせにアニメヌールが苦手な可能性急浮上)

まあ…とりあえずこんなかんじか…。
あとは回数こなして慣れるしか…うーぬ(目回

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください