Blog : 一般

秋来れど

Date : 2017.09.03
Category : 一般

9月になってしまいました
北の大地の夏はどうやら不完全燃焼だったらしく、ついに8月に真夏日が無かったそうで、もう先月末から秋の空気が漂い始めていましたが

ところで
寒くなってくる=秋になると、感傷的になりがち、自己観察力の向上、そういったメンタル的な変化があるらしく
これが「読書の秋」「芸術の秋」といわれる所以でもあるそうですよ

ぼくが常々「毎年寒くなると創作脳 (もとい厨弐脳) が活発になる」と言っていたのは、どうやらちゃんと根拠があったみたいです

ただし、ちょっと行き過ぎると感傷的になりがち⇒気分が沈みがち…といった面もあるわけで
どうやら今回はコレが圧倒的に占めてしまったようです

ここのところとりあえずは好調で、ようやく回復、克服できたものと思っていたのですが

作らなければいけないのに、心も体も全く付いてきません
無理くり描きつづけるのも色々と良くないですし
それでも何かしなければと、単純作業ゲームをしたり、スケッチブック一面をただ塗りつぶすといった事を延々と繰り返していますが
結局のところ何になるわけでもなく

とりあえず、なんとかこの現状
鬱、からの自律神経失調、からの風邪の諸症状が続く、
悪循環を脱したいものです

それから、いまだにぼくの素材をご愛顧くださり、素敵な作品を発表されている方々がいらっしゃるようで感無量です。
ねこのもりコンセプトシリーズや、戦場系の方もまた出せたらいいですね…

【朗報悲報】新ペンタブ届きました

Date : 2016.02.09
Category : 一般

…というか、8日月曜日の朝の時点で届いてました。
(よって8日のMCをメカもの化してみる記事のコックピット赤黒植物園な絵は初ペンタブ”絵”になりますw)

ここまでは良かったんです。ええ。
インストールディスク最初に入れるの忘れて、なかなか動かんナーとか言ってたのは秘密です。ええ。

ですがね、これ 筆圧感知レベルが、前回のBambooの2倍あるんですよ。
もちろん素晴らしいですよ。ものすごく繊細に筆圧感知するんですもの。

ですがね、これ 突然繊細になったがゆえに、今まで慣れ親しんでいたブラシたちが
「おい!ぼくだぞ!忘れてしまったのか!?」
…って言いたくなる状態になっちゃったんですよ。

せっかくタッチパネル操作できるからって事でマウス二刀流辞めたんですが、それもまた慣れなくて肩凝りまくり。
さらには、今までの削れ過ぎてツルツルになった挙句穴まで開いた板と、新品の板では、全然感触も違って。

これは ちょっと 慣れるのに時間かかりそうな気がします…うぐぐ

ツメハガシ日記 まとめ

Date : 2016.01.08
Category : 一般

ここ数日、実況するように頻繁に呟いていたツメハガシの件。
地道に少しずつ剥がし、昨日早朝、ようやく完全に分離してくれたので、その記念にまとめ日記です。
これはとてつもなく素晴らしい事です。
※グロwktkな画像は載せてませんのでガッカリしてください
(さらに…)

【AU】散策

Date : 2015.10.08
Category : 一般

最近起きてるのが非常に辛い状態で、時間もったいねえと悔しい思いをしつつベッドから起き上がれない…ちょっと活動しても、すぐに疲れ果てて昼寝してしまう。うぐぐ…

しかし今日こそは。何だか涼しいし (ここ数日、日中30℃を越える日が出始めた)、外に出なければ…
そう思い立って外出。通ったことの無いストリートとか、もっと奥に入り込んだところの住宅地とかね。

それで。ノイジーちゃんの巣を見つけたんですよ。ふたつも。2メートルくらいの小さな常緑樹の中を覗いたら…ぼくの目の高さくらいのところに、1羽だけちょこんと入るくらいの、小さい木の枝の塊が。その中で、きょろきょろしながらもその場をじっと動かないノイジーちゃんが1羽ずつ。

Wikipediaで調べたら、ノイジーちゃんは年中、主に7~11月に繁殖するらしい。もしかしたら、タマゴを温めてた母鳥かも。それとも、大きくはなったけれど、巣立ち前でおどおどしてたこどもかな?



(逆光だったり、iPhoneでかなり拡大撮影したのを無理くり編集したので画質が…orz)

ノイジーちゃんとは …「ノイジーマイナ」、オーストラリア東海岸によくいる小鳥。日本のスズメみたいな存在?小さくてめんこいが凶暴気味。その名の通りデカい声で鳴く。目元の黄色いアイメイク?や、灰~白色の羽毛に交じった黄色が素敵。毛が全部黒いのもいる。(オーストラリア写真ブログ:Noisy Miner)

http://daphone.tumblr.com/post/42494659045

あと、植物。ストリートひとつ歩くだけでも、バリエーション豊かな南国植物が見られる。たとえば北国出身の感覚で「ヤシの木 (厳密にはヤシでなくても、北国感覚ではそういう木は全部同じw)」と言っても、高さやら幹の形状やら、種類が本当にたくさん。民家や私有地に生えてるので、迂闊にカメラは向けられないのだけれど…

いろいろあるのは木だけじゃないのですよ。足元の雑草類も、ただの芝生一色ではなく。
どっかで見たような…と思ったら、ぺんぺん草によく似たやつが。

葉っぱの形が日本のぺんぺん草と微妙に違うけれど、何となくシルエットがそっくり。
改めて調べたら、「ぺんぺん草」(=ナズナ) って、三味線の撥に似てるからだって。面白い。

…七草粥食べたい

そんなこんなで、結局2時間近くは外をうろついた (いまは脚にユーカリ塗ったりして、かなりグッタリへばってるけど)。
撮れた写真はテクスチャやら素材やらにできそうなので、後日整理して公開したいところ (実はこれが隠れた目的だったり。どんな小さいことでも、とにかく生きる目的が無いと…)。