Blog

【Inktober2019】#04 – #06

Date : 2019.10.11
Category : 一次創作
Tags : / Copic / inktober

また今年も3日坊主だとおもった?

ざぁぁぁんねぇぇぇええぇえん!!www

(煽るな

相変わらず精神ゴリゴリ削られながら
ずーっと天井ながめながら
なんとか なんとか 息をしているようだ…

まあ、そんなんで
公式プロンプトから遅れてしまったけれども
次の3枚。


#04 FREEZE

なにかいる

すけーと……デキルカナ…………

やめたほうがいいとおもう…

どうやら なにかが氷漬けにされてしまった模様
南無

またこんな季節がやってくるのか……。(しろめ

今回から、マルチライナー 0.1mm、0.03mm がなかまいり。
線のびみょう~な太さを使い分けることが可能に!
いちおう、ざっくり 手前・メイン・背景 で細さを変えてみたぞ


#05 BUILD

ここにもりを建てよう

もりぃ

また万年筆でガリガリ。けっこう容赦なくガリガリ。
COPIC のパンフレットに「個人の癖がつくから万年筆は他人に貸さないでください」って書いてあった理由が、ちょっとわかったきがする。

…………。
いい年してぼくはこんな事しか考えません。
もりいぃ。
ふんふんふん。

#06 HUSKY

中身なんてなかった

これまたどう訳すかで変わってくるやつが…。

鬼灯イメージ。
鬼灯って、食用にもできるんや…(ちょっとびっくり
でも見た目に反して身が小さいから、花言葉に「偽り」など充てられたというおはなし。

実が赤いのを通り越してほっとくと、いずれ「カラカラのハート (心臓) の中に、丸いものがぶら下がっている」状態に…あのゲシュタルトはなかなかにそそるものが。

決して中に誰もいませんよではない

Comments

  • あき

    おー、かっけー!
    ペン画の良さが出てます。ファンタジー感のある木を見てると心温まる。
    でも、絵の題材というか、何を描くかってのよく浮かびますね。
    廃墟が好きなんですが、どんなのを描けばいいのかがわからなくなる。。(笑)

    • diceproj

      > あっきー さん
      ご訪問・コメントいただきありがとうございます。

      ペン画にうれしいご感想をいただき光栄です。
      “夢のつまった木” は小さいころからずっと好きで、逆に言うと当時から変わっていないとも(爆
      でもそう言っていただけると自信が…ありがとうございます。

      一連のペン画のテーマは、いちおうInktober公式お題リストに従っています。
      とはいえなかなか難しいので、そこに好きなモノや自分の創作 (もり、ねこ、SciFiなど) を混ぜて、結局は好きに描いている感じです(アレっ

      廃墟も良いですよね。自分も大好物です。
      まず何を描こうか、という時、手っ取り早いのは適当な/好物のキーワード (「中世 城 廃墟」など) で画像検索な気がします。
      自分の場合は、その「廃墟」がかつて栄えていた時代 (近未来的、中世etc) や土地 (海に近い・山に近いetc) 、気候 (暑い・寒い・風が強いetc)、文化 (奥地の民族、一般庶民etc)…などなど想像を膨らませてニヨニヨ ⇒ その方面の廃墟と、廃墟になる前のようすの画像を見るなどして、イメージの補強、の流れです。でもまあ、創作なら気楽に自由にやっていいとおもいます(楽観的
      近未来的な街ならケーブルやLEDランプやモニタの類がひしめいていたり壊れて散乱してたり…
      海の近くは、錆がひどそうだなぁとか…
      むかしの集落跡に、廃れた民族と信仰のシンボルやら祭具が落ちているのもロマンが…

      Oh…なんだかつい色々書いてしまいました(汗
      の割に至って普通な気もしますが…もし何かしらお役に立ちましたら…

  • あき

    思ってた以上にたくさん書いてくれて感謝。
    なるほど。好きなものから埋めていく感じなんですね。改めて考えたら結局それがいいかな。

    ああいう木、小さいころから好きなんですか。心温まる感じがします。
    ピーターパンの冒険を連想します。

    • diceproj

      > あっきー さん
      ご訪問・コメントいただきありがとうございます。

      好きなモノのお喋りが久々だったものでつい…汗 ありがとうございます。
      好きなものから埋めていく…ひとことで言えばそうですよね。
      それが一番苦にならず・たのしい方法ではないかと…

      様々な木の実が生ったオーナメントか、大木の間にハンモックやら橋が渡してあって行き来できるとか、あとは宇宙空間に漂っているか。
      思えば小さい頃はその3パターンのどれかしか描いていなかったような。笑
      ピーターパンを連想とは嬉しいです。童話は決して “童” のみに向けたものではないと信じてます…(コソ

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください