Blog

ツメハガシ日記 まとめ

Date : 2016.01.08
Category : 一般
Tags : 日記 / /

ここ数日、実況するように頻繁に呟いていたツメハガシの件。
地道に少しずつ剥がし、昨日早朝、ようやく完全に分離してくれたので、その記念にまとめ日記です。
これはとてつもなく素晴らしい事です。
※グロwktkな画像は載せてませんのでガッカリしてください


1月2日 おや?左足の親指の爪のようすが…

お……おおお……??
あ 足の爪がコレ 盛大にガパっといきそうだぞ……!?
ど どうする…やっちまうか…?ガパっと…
ひ ひぃ…ひひひ…

ぬうう…剥がれそうでまだ端っこがしっかりくっついておる……。 こっ こればかりは きれいに剥がして標本にして実家に送りたい……こいつはでかいぞォ


1月3日 一筋縄ではいかなさそうだ

例の足の爪が盛大に剥れそうなのは、結局片方がまだしっかりくっついているので放置状態 ホントに放置なので、寝てる時シーツに引っかかってメリっといって「おぉう…!」とか意味わからん声あげたりしている


1月4日 ぬぬぬ。

の……のほほほほほ……
じわじわ少しずつ剥がそうとしてるけど じんわりなんとも言えない痛みってか感覚っていうか……こ…こいつはホントどうしたらいいんだ……ひぃ

例の爪 剥がせるところまで剥がし、その中にTeaTreeOil (ユーカリやシーブ○ーズみたいにスースーするやつ、痒み止めや消毒にイイらしい) を噴射してみた。スプレーによる痛みは特に無し。未だに粘ってくっついている部分の鈍痛だけ。w

くっついてるところはしっかりくっついてるので、じんわりと力を加えつつ剥がそうと試みているのだけれど やっぱりココはしっかり痛いらしいねえ…。
早く剥れてくれないかな。ぼくの知的好奇心を満たしてクレタマエヨ

ここ数日、ツメハガシ日誌になりつつある気がしないでもない

~ここに「ツメハガシ日誌 (日記)」命名される~


1月5日 ぐぬってる

良いツールを手に入れてご満悦 相変わらず爪は剥れてくれませんが

…そうこうしてるうちに、ふと つま先のあの、何とも言えないあやしい鈍痛に気付くわけです
放置したり剥がそうとしたりし過ぎたかなー。とりあえずシャワー浴びたらまた少々剥がす試みをして、あとシッカリ消毒しとこうな

シャワーの大粒がヒットし、あやしい痛みを、位置エネルギーを感じた。シャワーヘッドを高く持ち上げるほど、シャワー先を細めるほど、痛みは増す。理科の授業で先生が言ってた事は本当だった!久しく忘れていた知的感動。
…いてえ。

いっそこのまま、消毒液ダブダブに漬けてバンソウコウ巻いてしまった方が…いやいや剥がしたその中身やら何やら興味は尽きぬ… って脳内会議を始めた

~だが結局あきらめてなかった。~

おやおや
どうやら出血してきたっぽいですねぇ
うーん あと一息なんだけどなあ…
消毒スプレーぶっかけたら、鈍痛の他にピリピリもする ぬぬぬ…体に何の未練があるのだ…おめはもう死んでっぺ…

残念ながら体が固くて、様子をしかと見とどけようにも無理があるので、こんな時のあいぽんカメラ機能。フラッシュ焚いて撮影…
したっけ、割とあかん感じみたいなので今日のところはこの辺にしておいてやる……ああいてえぇ戻すのも痛えぇ

~こういうのって、戻すときもまた痛いからジレンマだよね~


1月6日 まだ剥がれてくれない。

うう…消毒スプレーがしみるよう…じんじんするぅ
君の役目はもう終わっただろうに…何を未練に残しているというのか…ほらもうすっかり黄色くなっておめはすでに死んでっぺ状態なのは明らかじゃないか…

とりあえず、昨晩はシャワーの後、かれこれ1時間くらい、片手でねこ集めたりしつつじわーっと剥がし続けてたんですよ ホントにじわーっと、少しずつ。
ところで、フラッシュ焚いて傷の写真撮ると、なんか手術してる最中みたいな臨場感が出るのでオススメ

~オススメです。~

しかしなんだかな、爪が剥げたその下にも、ごく薄い爪のようなナニカが…?というか実際、爪と皮膚の境界ってわからなかったりするよね。ちょっと掘ると分かる 指先って一体どういう造りなのか…。

すごくじんじんしてるので、今日はツメハガシ大会サボりたいです(まがお

う…やっぱり昨日より痛いって ううう
でもさ、こいつ早めに剥がしてやらんと、ほらもう、完全に水分を失って丸まりつつあるよ (指にフィットしないきついカーブになってきてるので、爪がすでに剥げたところに刺さって、そのせいで痛いってのもあるっぽい)

また出血か…くそ…あと少しだってのに……。一体君は何の未練があって、未だに足の先っちょにくっついているんだい…?

ひっひぃぇえwwやべえww
あるくの痛い辛いwwちょっとの衝撃がすさまじいwwひぃひぃwww


1月7日 ついに。

とっ…..とっ……取れたぁぁぁぁあ!!!
やっと!やっと剥がせたぁあああ!!!
ああっ痛ってぇ超痛ってぇ!!ぬっほぉぉ!!あひゃひゃひゃ!!

いひぃ…いひひひ……
こいつはでかいぞぉ……
洗って丁重に標本化しなければ…..
しかもこの爪ですね、半年前に盛大に内出血した跡が染み付いてたりするんですよ。余計にレア度高いですよ。そいつを表から裏から眺め放題だ!うひひょぉぉ!

さて。これでぼくの左足の親指は殆ど…9割くらい爪無し状態になったわけです。
しかしこうして眺めると、ほんと、皮膚と爪の境界ってよくわからんですね。爪の生え際に微妙〜に正常な爪が残ってたはずなんですが、それが綺麗にこう、指先に向かってフェードアウトしてるんですよ。

ぼく小さい頃に「ハイハイ」がヘタクソで、足先を引きずって這ってたそうで。それでこう、今でも小指なんか、マトモな爪が生えてきてくれないんで、特に気にしてませんでしたが
どうやら、爪の横線 (今回割れ目となったライン) って良くないらしいですねぇ…不規則生活に栄養不足…ウッ


1月8日 Aftermath。いろいろ感動している

昨晩ってか早朝ってか、慎重に慎重に爪を剥がすにあたってさ。ちょっとこの瞬間写真撮りてえ!とか思って、使ってない方の腕を動かそうとする。と、連動して使ってる方の肩等も動いてしまう。どこかを動かせば、どこかが連動する。至極当たり前で、普段意識もせずにいるけれど、

改めて考えたら、コレ相当凄い事なんじゃないか?昨日はロボに心や感情の話だったけど、それ以前に「人間らしい自然な動き」をさせるプログラムを組むのだって、想像を絶する労力が必要そうに思えてならない…

ホント、スゴイよ。注意して観察すると、ココ動かすとココも動くんだ!って逐一感動する。
…精度とかも全然違うだろうけど。コレ考えたら、Clip Studio の3Dモデル使ってて「何でそこまで動くんだ!イラァ」ってのは可愛いモノなのかもな。w

何が言いたいかって、こう、爪が無くなって痛む左足を庇って歩くと、今度は右足首始め右側が痛んできた。お前ら関わりあってたのかwwって気付く。そういう関わり合いのどこかを崩すと、連動して思わぬところが痛んだりして
とまあ、実際体験しないと理解が及ばないアホなだけなんですけどw

~複雑系(ん?~


1月9日 お楽しみタイム

ブラシ作るのに、撮ってたセルフ術中写真を見返して整理してたんですが こうして写真という手段で客観的に見ると、それはもう「他人」のグロ物に当たるので、さっき食べたパスタが胃の中で危ない事になってる 自分で痛ぇ痛ぇ言いつつ剥がしてる時は見てて楽しかったのに、ねえ。

なんというかこう、その痛みは自身で制御できるものか、実際に加減などを感じることができるか、っていうのって大きいような気がする。「目に映ったソレは自分の感覚とシンクロしているか」っていうか…。
だってあれ、他人が怪我してるの見て、本人よりぼくが痛がるっていうの、よくある

さて。この状態でシャワーを浴びると、大粒の水滴が、本来爪に覆われていなければならない、いわば「禁断の領域」にダイレクトヒットするわけです。これは滅多に体験できるものではありません。何とも心地良い痛みにぐふぐふ笑いながら、幸せなひとときを過ごしました。
ツメハガシ日記 たぶんおわり

…たぶん以上。Twitter上のツメハガシ実況・日記的ナニカのまとめ、おしまい。

ああ…良い。うへへ。
残念ながらこの爪くん、完全に体から分離し、徐々に水分を失って、縮み・丸まりが激しくなってきているんですが…(泣
くっついていた側は、強制的に剥がしたのもあって?傷の溝が深いとか (今は奥まって血が詰まってる)、
この内出血のシミもまた層になっていて、微妙に爪自体からはがれかけているのが見えるとか、
爪は完全に剥がれたと思っていたが、実はほんの薄っぺらい爪の1層がまだ残っていそうだとか、
今回割れ目となった横線の他に、さらに2本横線があったとか (縦線もすごいけど)、
最期のメリ…ッというあの感覚とか。
発見と感動を有難うだよ。ふふうふふ。


おまけ 12月28日

あと、治りかけのデカめの生傷が気になったので写真撮ってブラシにしたっけ、これまたいい感じのクリーチャー向けテクスチャブラシになってくれたから、みんなも怪我したら写真撮って保存しといたらいいと思う

怪我したら、絞って出るだけ血出して、ティッシュに吸い込ませてお絵描きして遊んだあと、そのティッシュをしげしげと眺め、記念撮影し、名残を惜しみつつゴミ箱にINするまでが一連の流れ

Gremz