ABOUT

──ちいさな街は、どこにでも。

スイス留学中、学期末のExhibition。「2階の窓からブラウン管のテレビを放り投げて破壊する」というパフォーマンスがあった。

無残に砕け散った旧型のテレビたち。その中に見つけたもの。それはふつうに考えたらただの基板。ぼくはそこに「小さな街」を見た。

ヒューズは高層ビル、うねるフラットコードは未来の空中回廊。地面にはSF映画のような、光る線が緻密に敷かれている。

それはまるで、こどものころに思い描いた夢の街。

──思い出そう。あの頃の夢を、希望を、ビジョンを、もう一度。

カレンダー裏の宇宙を。道路に広げた鉄道網を。切り貼り組み上げた架空世界を。

| To TOP

DOODLES

──あのときみた色を。

| To TOP

MUSIC

──永遠の祭へようこそ。

| To TOP