Micro Conqueror


MICRO CONQUEROR MASTERS

概要

前代未聞のケース、体内に寄生したMCを完全支配・制御してしまう存在、つまり主人公は「MC Master」と呼ばれることになった。しかも、定着不安定だったとはいえ、一度感染し狂化した高倉を正気に戻し、彼をもまた使役者にしてしまったあたり、主人公には底知れぬ潜在能力があるのではと噂されている。

当の本人は、いつものようにマイペースに呆けている。



感染使役者あるある


やつらもいろいろ大変らしい。


Encounter!

後々、高倉に感染したMCは、本人を擬態した子供の姿で、高倉の意識下で接触してくるようになる。らしい。

高倉の事を「ツバサ」と呼び懐いてくる。彼にとっての「マスター」は、彼を調教した主人公の方であるらしい。


そもそもは、「Evaのあの、自分の姿を擬態した相容れないモノと会話するっていうシチュエーションが好きだ」ってのから始まったIF設定だったのが、なんでか採用同然になっている、という。

ちなみに高倉が左利きの設定なのは、作者自身が左バッターで、左から右に腕を振る動作=ナイフや短刀を握って振る動作を把握しやすいから。なんか当時、そこらのガチ運動部よりも足速かったんで、顧問にお前左な、って言われて特訓。今や右だと震えて全然打てない。